ホーム » 出産リミットは何歳なのか知りたい|30代後半なら1年婚活法も検討しよう

出産リミットは何歳なのか知りたい|30代後半なら1年婚活法も検討しよう

pa1syusanlimit.png



30代後半にもなると、本気で出産リミットに悩みますよね。
やっぱり結婚もしたいし、子どもも産んで幸せな家庭を築きたい!
そう考えるアラフォー女性はとても多いです。

また、最近では江角マキコさんやジャガー横田さん、
黒木瞳さんといったアラフォー芸能人も高齢出産をしていますし、
30代後半ならまだまだ出産できると考えている方もいますよね?

ただ、実際に科学的根拠を元に出産のタイムリミットを解説できる人は
女性の中でもごく少数なのが事実です。

あなたも「なんとなく35歳を超えたら厳しくなりそう」くらいなら、
その認識はとても甘いと言わざるを得ません。
しっかり出産リミットの事実を知り、婚活と出産のプランを練りましょう!

38歳が出産リミットって本当!?

不妊治療専門家の間では「38歳説」が有力、
つまり38歳を境に妊娠できる可能性が急激に減っていくと言われています。
これは卵子の質が38歳を境に急速に老化していくことが理由です。
(専門用語では良好卵子の減少)

元々卵子には「原子卵胞」という細胞があるのですが、
この原子卵胞は年齢と共にどんどん減る一方となり(つまり増えない)
高齢になるにつれて卵巣は良質な卵子を輩出することができなくなってしまいます。

もちろんこれは個人個人の体質の差もあるので、
みんながみんな「38歳を超えたら妊娠しづらくなる」というわけではなく
人によっては40歳後半でも妊娠・出産することも可能です。

逆に、「卵巣早期老化」といって
32~33歳で卵子年齢が38歳の体質の方も全体の1割程度(!)いるそうです。

晩婚化が進んでいるからといって、出産リミットが上がっているわけではない。
これは誤解しやすいですが、しっかりと理解しておく必要があります。

子ども欲しさに焦って結婚するのは本末転倒!

もしかしたらあなたは出産リミットでの焦りが強くなっているかもしれません。
ただ、あくまで上記の「38歳説」は平均値の話ですし、
そもそも子ども欲しさに結婚相手選びを妥協するのは本末転倒です。

結婚、そして出産はあなたの幸せの為にするもので、
結婚や出産が目的になってしまうと不幸な人生になってしまいます。

ただ、そうはいっても、やはりリミットは存在しますから、
婚活をなるべく効率的に行い、まずはしっかり結婚相手を探す必要があります。

⇒なるべく早く素敵な結婚相手と出会いたい|短期決戦の婚活方法


本当に出来るだけ早く子どもを産みたいのであれば、
効率の悪い婚活パーティーや合コンをするのではなく、
サポートもしっかりしている結婚相談所がお薦めです。

多少のコストがかかっても、将来的なことも含め、
どちらを優先すべきか考えてみてくださいね。

関連記事

Return to page top